後援会・保護者会

後援会

 後援会員は、”共同作業所なかよし村”と”いちごの家”(グループホーム)の力強い応援団です。
 法人と地域を結ぶ交流の場となるような多彩な活動を心がけています。
 ”なかよし村通信”(年5回程)を発行して、作業所やグループホームの様子をお知らせしています。

会長 中村 駿さん

 共同作業所なかよし村では重い障がいのある皆さんもスタッフと一緒に熱心に作業に取り組まれ、いちごの家は、ご家族に代わって、利用者さん方の日々の生活を支える場になっています。
 昨年からの新型コロナウイルスの影響でなかよし村・いちごの家のスタッフの方、利用者の方、保護者の方には、心身ともに気を使われて大変だと思います。
 毎年、後援会主催で行われていた“なかよし村まつり”も、地域のバザーやお祭りも中止となり、皆さんとの交流の場も持てない状況になり残念でなりません。早く終息することを祈るばかりです。
 今後もなかよし村・いちごの家の発展のため、後援会としてできる限りの後押しをしたいと思っています。

後援会会則 後援会会則
年会費 一口1000円 何口でも可
振込先 郵便局での振込
【口座記号番号】01670-1-38551
【加入者名】共同作業所なかよし村
後援会活動について 年5回後援会ニュース発行
なかよし村まつり開催(5~6月頃)

保護者会

 なかよし村に通所する利用者の保護者の親睦を深めたり、共同作業所なかよし村を支える活動をしています。どちらかというとお母さんパワーがすごい!

会長 久保 美佐子さん

 保護者会では定期的に定例会、施設見学、親睦会などを行っています。水曜日に集まってみんなで手芸品を作ったり、雑談するのも楽しいです。
 なかよし村まつりやいちごの家の創設の時など、目標に向かっての団結力や行動力は保護者のみなさんのパワーはすごいです。
 なかよし村のご縁で知り合ったみなさんとこれからも繋がっていけたらいいなと思います。

保護者会規約 なかよし村保護者会 規約
おもな活動

保護者会として法人化の応援をし、なかよし村・いちごの家の2つの施設ができました。新たな次の目標に向かってなかよし村を応援しようと、一年を通じて資金づくりなどさまざまな活動をしています。

  1. 2か月に1回定例会を開き、作業所との情報や意見交換。
  2. 福祉制度についての勉強会や他の施設の見学。
  3. 各種バザーや地元のデパート(いよてつ髙島屋)に常設のハートフルプラザという福祉ショップに出す手芸品作りをしています。
  4. 後援会主催の「なかよし村まつり」で、保護者会も協賛して大活躍。
    (この時は、ふだん顔のみえないお父さんパワーも発揮されます。)
  5. 親睦を深めながらの食事会も企画し、楽しむことも忘れません!